決定版!かわいいロゴ作成!

ロゴ8

かわいいロゴってかわいいものが好きな人にとって心躍りますよね?かわいいはかつて女性が中心でしたが、最近は男性にもかわいいもの好きが増えてきていると思います。また日本のかわいい文化は、海外の観光客やアニメ好きにも広く知られるものとなりました。名刺・お店の看板・Tシャツ・スニーカーまでこの世にはかわいいロゴが溢れています。そんなロゴの魅力について深堀りしていきたいと思います!

ロゴって何?

ロゴとは文字という意味のロゴテュポス(ギリシャ語)からきているとされている和製英語であり、文字やイラストを図案化・装飾化したものです。簡単に言うと、言いたいことをわかりやすく詰め込んだ自己紹介のようなものです。

ロゴって何に使われているの?

ロゴは、今では見ない日がないぐらいそこら中にあふれかえっています。先ほどロゴは、自己紹介のようなものと記述しましたが、それはどういうことでしょうか?例えばアップル。あのロゴマークを見ただけで、ケータイ端末やパソコンを作っている会社であるということが大抵の人はわかるでしょう。

マクドナルドは世界共通で、赤に黄色の文字でMと書いてあると誰もがわかりますよね。海外旅行に行った際でも、あの見覚えのあるロゴに慣れない地にもかかわらず少し安心した気持ちで入店できたという人もいるぐらいです。

多くの企業はロゴをうまく使い、経営に役立てています。ロゴは会社の顔であるといっても過言ではないのですね。

身近に使えるロゴは?

企業が多くロゴを作るには、それなりに理由があります。それは会社のイメージを印象付けるためです。これは企業だけでなく、私たちのような一般人でも活用できるんです!例えば名刺です。契約や目上の方とのかしこまった名刺交換は除きますが、婚活パーティーやフランクな交流会などで配る自己紹介を兼ねたメッセージカードのような名刺であれば自分のロゴがあることで、ほかの参加者より印象に残ること間違いなしです!犬のロゴであれば、「この人犬が好きなんだ」「犬が好きだという共通点があるから話が弾みそう」と声をかけるきっかけとなります。

初対面の人と話す糸口がなかなか見つからないという人でも、初めに「犬」という話題提供がなされているので話し始めもスムーズに行うことができます。話すまでのハードルが高い人でも、話すきっかけづくりをできるのは大きなメリットですよね。

ロゴってどうやって作るの?

ロゴ製作には大きく分けて2種類あります。1つ目は、個人で製作する。2つ目は、ロゴ製作を行っている会社に頼んで作ってもらうです。まずは、1つ目の個人で製作するを説明します。まずざっくりイメージを膨らませましょう。

「かっこいい」「おもしろい」「少し変わったインパクトのある」「かわいい」など雰囲気を考えましょう。次に「かわいい」で行こうと決めたらどんな風にかわいいかを突き詰めていきましょう。「ゆめかわいい」「ゆるきゃら」「ポップ」「大人っぽい」などかわいいにもさまざまな種類がありますよね。

それを練りましょう。決まったらいよいよ何をモチーフにするかを決めましょう。「ゆめかわいい」であればユニコーンだったり、「ポップ」であればキャンディーなど具体的なモチーフで一気に完成形に近づけましょう。ここで自己紹介要素を入れたいなら、会社の略称やイメージカラー入れてみたり、自分のことを知ってほしいなら自分の好きな動物や何かに似ているならそれでもいいですし、特技、例えば音楽が好きなら音符を入れてみると印象付けるのに役立つと思います。

その後は、手書きで書いてみたりパソコンで製作・仕上げを行います。今では無料スマホアプリなどで製作することもできます。

企業にロゴ製作を頼むなら?

今やネット時代なので「ロゴ製作会社」と検索すれば、数多くのロゴ製作会社がHITします。SNSやココナラなどで募集を募れば、フリーでやっている方や趣味でロゴ製作を行っている方までいる時代です。安価な費用で製作を請け負ってくれる会社も少なくありません。

企業に製作依頼する場合の流れを説明します。会社により流れはまちまちですが、参考程度にお伝えします。まずは好きな雰囲気を探すところからスタートです。多くの場合、デザインを委託する際に作り手とクライアントのイメージの共有が大事になってきます。

お互いのイメージが違うと、完成形に満足できません。イメージ共有はしっかりと行いましょう。大体固まったら、いくつかラフや製作の方向を提示してくれます。もっとこうしたいという希望があるならこの時に伝えましょう。

色やカラーパターンなど、頼む側から画像を送ってもらえると、作り手も作りやすくイメージの共有がうまくいきます。完成後、デザインの最終確認をし、納品という流れになります。

かわいいロゴって具体的に何?

ロゴ11

ここまでロゴについてや製作の流れについて説明してきましたが、結局のところかわいいロゴって何?と思われている方もいると思います。かわいいの観点って人によっても違いますし、年齢によっても違いますよね。ここでは高校生と社会人女性(20代)の人気ロゴについて比較したいと思います。

女子高校生が使うロゴと言ったら、クラスTシャツが思いつきます。クラスTシャツとは体育祭や文化祭などでクラスで作ったTシャツのことで、最近はそれを着て参加するのが主流です。イベントで着るTシャツなので、目立つことものが好まれる傾向にあります。

その中で人気なのが、レゴやキットカットなど海外から来た派手な色使いのロゴです。パッと目を引きますし、何よりキャッチーでかわいい!逆にシンプルなものもあります。ストゥーシーやゲスなどファッションブランドのロゴもかわいいと人気があります。

社会人になるとポップさよりも落ち着きが出てきます。それに比例し、おしゃれな可愛さに惹かれるようになります。またブランドものが買えるようになるため洗練されたデザインを好むようになります。ケイトスペードやトリーバーチなど主張はしないけれど、ロゴを知っている人ならわかる価値を大切にしていると思います。

ロゴをどんどん活用していこう

ロゴ9

かわいいロゴは、見るだけで幸せになります。それが自分だけのものであれば愛着が湧きますし、ブランド物を持っているという証明になれば優越感に浸ることだってできます。ロゴは会社はもちろん、一般人にとっても活用できるものです。一度自分の好きなことをたくさん詰め込んだロゴを作ってみませんか?それを活用したときあなたというブランドの価値は、上がること間違いなしです!